00000japanの仕組みや設定方法は?対応アクセスポイントはどこで注意点とは?

エンタメ
スポンサーリンク

00000japan(ファイブゼロジャパン)という無料Wi-Fiサービスが話題になっています。

00000japanは、災害時に特別に利用できるようになる無料のWi-Fiですが、初めて見聞きした人も多いのではないでしょうか。

00000japanの仕組みは?」「設定方法は?」と気になりますよね。

また、無料のWi-Fiシステムですが、「対応アクセスポイントはどこか」や、「安心して使っていいの?」など、知っておきたいこともいろいろありますよね。

そこで、今回はいざという時の知識として

  • 00000japanの仕組みや設定方法は?
  • 00000japanの対応アクセスポイントはどこで注意点とは?

ということについて見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

00000japanの仕組み

00000japanの仕組みは、
災害発生通信事業者が無料Wi-Fiを開放携帯の契約会社関係なく誰もがWi-Fiを使用できる
という仕組みになっています。

例えば、災害によってauとdocomoの通信システムが使えなくなったとします。
この場合、通信システムがまだ生きているソフトバンクが00000japanを開放することによって、au契約者もdocomo契約者もソフトバンク契約者も誰もが無料でWi-Fiを利用できるようになります。

00000japanの設定方法

00000japanの設定方法は以下の2手順です。

  1. Wi-FiをONにする
  2. Wi-Fi名「00000japan」を選択する

これだけです!

このように、とても簡単に無料Wi-Fiである00000japanに接続することができるのですが、災害時に必ずしも無料開放されるとは限りません。

00000japanが無料開放される条件としては、
携帯インフラが広範囲に被害を受け、携帯電話やスマートフォンが利用できない状態が長時間継続する恐れがある場合」とされています。

こう聞くと「東日本大震災ぐらいの大災害でないと開放されないの?」と思ってしまいますが、実は既にちょくちょく00000japanの無料開放が行われていました。

その例としては

  • 2018年大阪北部地震:大阪府全域
  • 2018年西日本豪雨:岡山県・広島県・愛媛県全域
  • 2019年台風19号:東京・埼玉・千葉・神奈川・茨城・静岡

など、台風や地震などの災害時には無料開放されやすい傾向があります。

その他にも、もう少し小規模な災害時(市町村限定の豪雨など)には、避難所を限定して00000japanの無料開放もしていました。

00000japanの対応アクセスポイントはどこで注意点とは?

00000japanの対応アクセスポイントは、基本的にWi-Fiに繋がっているエリアが対象です。

しかし、前述の通り、小規模な災害の場合はアクセスポイントが避難所に限定されます。

00000japanは、災害時に誰もが利用できる便利なWi-Fiシステムですが、注意点もあります。

それは、クレジットカードでのお買い物個人情報を入力することはしないということです。

というのも、中には00000japanのなりすましWi-Fiを設置して、通信の内容を盗聴されてしまう可能性もあるからです。

盗聴されやすいのは、接続先のサイトがhttpで始まり「安全ではありません」とサイトバーに表記されるものと言われていますが、念の為個人情報を入力することは避けたほうが無難です。

まとめ

災害時に無料開放されるWi-Fi「00000japan」が話題になっています。

00000japanはどこかの通信会社が無料開放することで、契約会社に関係なく誰もがWi-Fiを利用できるという仕組みになっています。

00000japanの設定方法はWi-FiをONにして、接続先のWi-Fiに00000japanを選択するだけです。

00000japanの対応アクセスポイントは基本的にWi-Fiエリアとなっています。

00000japanは災害時に誰もが手軽に利用できる無料Wi-Fiですが、中には悪意を持って個人情報を盗み取ろうとする人もいるので、クレジットカードでのお買い物や個人情報の入力は避けましょう。

災害時に無料で利用できる00000japanを覚えておくと安心ですね。

スポンサーリンク
エンタメ
Akikoをフォローする
Trend Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました