【姫路市長】清元秀泰の家族を調査!嫁は誰で子供は息子と娘!

人物
スポンサーリンク

姫路市長の清元秀泰市長が話題になっています。

姫路市長の清元秀泰市長について調べていると、元医師として勤務し、そして市長になったという意外な経歴を見つけました!

なんと、清元秀泰市長は2019年に心肺停止で倒れた能楽師に心配蘇生を行い、命を救ったというエピソードも!

清元秀泰市長は普通の市長さんとはちょっと違った感じがして、すごく興味深いですよね!

「お嫁さんはどんな人?」「子供はいるの?」と家族を含めた私生活も気になるところです!

そこで、今回は

  • 姫路市長の清元秀泰の嫁や子供は?
  • 姫路市長の清元秀泰の学歴や経歴は?

ということをまとめました!

スポンサーリンク

姫路市長の清元秀泰の嫁や子供は?

姫路市長の清元秀泰市長には、お嫁さんと息子さんと娘さんの4人家族だそうです。

姫路の清元秀泰市長とお嫁さんの馴れ初めは大学院の研究室だそうです。
当時、まだ医学生だったお嫁さんと研究室で出会い、親しくなったのだとか。

そして、1992年にお嫁さんが医師免許を取得。

1993年には長女が誕生します。

そして1994年に長男が誕生。

ですので長女さんが現在29歳・長男さんが28歳ぐらいでしょうか。

2006年には長女さんが岡山県の中学校に入学され、翌年には長男さんが兵庫県の中学校に入学されています。

清元秀泰市長が優秀な方なので、きっと子供さんも勉強熱心で優秀なのでしょうね。

姫路市長の清元秀泰の学歴と経歴

清元秀泰市長の学歴については以下の通りとなっています。

  • 姫路市谷内小学校
  • 姫路市城山中学校
  • 兵庫県立姫路西高等学校
  • 香川医科大学
  • 香川医科大学 大学院

姫路市の公式HPを調べてみると、清元秀泰市長の部活歴で「バレーボール・バイク・スキー」と書いてありました!
ですので、中学校や高校・大学では運動部に所属されていたのでしょう。
ギャップがあって良いですね!

清元秀泰市長の経歴は以下のようです。

  • 1992年8月:テキサス大学ヘルスサイエンスセンターサンアントニオ校学術研究員として勤務。
  • 1995年9月:国立香川医科大学医学部附属病院に勤務。
  • 2010年10月:東北大学医学部医学系研究科に異動する。
  • 2018年5月:東北大学客員教授として勤務。
  • 2018年9月5日:姫路市長選挙に立候補の意表を発表する
  • 2019年4月30日:姫路市長に就任する。

なんと、10年近くも医師として勤務されていたのですね!

医師として第一線から離れて以降も、大学教授として医師の育成に貢献されてきたなんて、素晴らしい経歴ですね。

姫路市長の清元秀泰のプロフィール

清元秀泰市長のプロフィールは以下の通りです。

  • 名前:清元秀泰(きよもとひでやす)
  • 生年月日:1964年1月1日
  • 年齢:58歳
  • 父親:清元功章(元兵庫県議会議員)
  • 趣味:囲碁・映画鑑賞
  • 座右の銘:至誠惻怛
  • 尊敬する人:後藤新平

清元秀泰市長には、こんな驚きエピソードが!

2019年5月10日に、清元秀泰市長が姫路城三の丸広場で行われていた能の舞台に挨拶に。
しかし、出演していた能楽師が心肺停止で倒れるという緊急事態に!
そこで清元秀泰市長が心配蘇生を行い、能楽師の命を救ったというエピソードがあります。

市長が市民の命を救うなんて、すごい話ですよね!

まとめ

姫路市長の清元秀泰さんが話題になっています。

清元秀泰市長にはお嫁さんと娘さん息子さんの4人家族がいます。

姫路市出身で、医師を目指して香川大学へ。

約10年間医師として第一線で活躍し、その後は大学院教授として勤務した後に姫路市長になるという、市長にしてはちょっと変わった経歴をお持ちでした。

これからも清元秀泰市長にしかできない政治を行なっていただきたいですね!

スポンサーリンク
人物
Akikoをフォローする
Trend Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました