中村格警察庁長官の家族構成や自宅はどこ?経歴とプロフィールも

人物
スポンサーリンク

中村格(いたる)警察庁長官が、安倍さんの国葬の後に辞任することが分かりました。

中村格警察庁長官は59歳ということですが、ここで辞職するとなると家族の生活なども心配なところですね。
59歳ということは、結婚していれば子供や孫がいてもおかしくない年齢です。
中村格警察庁長官に家族はいるのでしょうか。

また、中村格警察庁長官の自宅はどこにあるのでしょうか。

せっかく警察庁長官にまで上り詰めたのに、辞職を余儀なくされるとは残念ですが、中村格警察庁長官のこれまでの経歴はどのようなものだったのでしょうか。

そこで、この記事では

  • 中村格警察庁長官の家族構成は?自宅はどこ?
  • 中村格警察庁長官の経歴とプロフィール

について、見てきたいと思います。

スポンサーリンク

中村格警察庁長官の家族構成は?自宅はどこ?

中村格警察庁長官の家族構成や自宅の場所については一切公開されていません。

もしかすると警察庁長官という高い地位についているので、家族をはじめとする一切のプライベートな情報は非公開にしているのかもしれませんね。

しかし、中村格警察庁長官は左手の薬指に指輪もしていません。
また、ご自身の情報はネット上にあるにもかかわらず、家族に関する一切の情報が出ていないということは本当に結婚しておらず、家族がいないという可能性も考えられますね。

同様に、自宅の場所も非公開です。

ただし、何か緊急事態があった場合にはすぐに駆けつけないといけないので、警察庁のある千代田区の辺りに自宅があるのではないかと推測されます。

1995年に警察庁の国松孝さんが銃撃された事件がありました。

国松孝さんは当時、自宅のある東京都荒川区のマンション前で襲われています。

荒川区から千代田区までは車で20分程度の場所なので、おそらく国松孝さんも緊急時のために千代田区の近くに住まれていたのだと思われます。

また、自宅はおそらくマンションではないかと推測されます。

先述の通り、警察庁長官ほどの地位にいると、いつ誰に狙われるか分かりません。

最近では一軒家よりも高級マンションの方がセキュリティもはるかに高いので、身の安全を確保するためにも、おそらくマンションに住んでいるのではないでしょうか。

中村格警察庁長官の経歴とプロフィール

中村格警察庁長官の経歴とプロフィールを順に見ていきたいと思います。

中村格警察庁長官の経歴

中村格警察庁長官の経歴は以下の通りです。

  • 東京大学法学部卒業
  • 1986年:警察庁に入庁
  • 1989年:和歌山県警察本部捜査第二課長に就任する
  • 1992年:千葉県警察本部捜査第二課長に就任する
  • 1993年:警察庁刑事局捜査第二課課長補佐を務める
  • 1997年〜2000年:在タイ日本国大使館一等書記官として外務省に出向する
  • 2003年〜2005年:警視庁刑事部捜査第二課長を務める
  • 2010年:仙谷由人内閣官房長官の秘書官を務める
  • 2012年:菅義偉内閣官房長官の秘書官を務める
  • 2015年:警視庁刑事部長に就任する
  • 2018年:警察庁長官官房長に就任する
  • 2020年:警察庁次長に就任する
  • 2021年9月22日:警察庁長官に就任する

2010年以前までは、地方の捜査課長などを務めていた中村格さん。

1997年からは外務省に出向までしているのが意外です。

しかし、2010年の仙谷由人さんの秘書官についてからは、とんとん拍子に出世されています。

なんでも、2012年の政権交代時には、中村格さんが土下座をせんばかりの勢いで菅義偉さんに「秘書官を続けさせて欲しい」と懇願したのだとか!

ここで秘書官を交代させられたら出世はないと思ったのでしょうか。

でも、菅義偉さんの秘書官を務めてからは本当に出世コースを歩まれていますから、出世のためにかなり努力されたのでしょうね!

中村格のプロフィール

中村格警察庁長官のプロフィールは以下の通りです。

  • 名前:中村 格(なかむら いたる)
  • 生年月日:1963年7月4日
  • 年齢:59歳
  • 出身:福岡県福岡市

中村格警察庁長官の顔画像がこちら。

中村格警察庁長官の出身高校はラ・サール高校です。
ラ・サール高校の偏差値は78と、努力だけではなかなか入学できないほどの超難関校です。

そして東京大学法学部に進学。

かなりのエリートですよね。

まとめ

中村格警察庁長官が国葬後に辞職することを発表しました。

中村格警察庁長官の家族や自宅については、情報が一切公開されていません。

中村格警察庁長官の経歴やプロフィールも詳しく見てきました。

警察庁長官に上り詰めるまでに、意外と苦労されていたのに、今年の秋で辞職とは残念ですね。

スポンサーリンク
人物
Akikoをフォローする
Trend Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました