【南海トラフ7月4日】予言者は誰で何時に来る?東北熊本地震も予言していた!

イベント
スポンサーリンク

南海トラフ地震7月4日に起こると予言されていると話題になっています。

過去にも地震を予言する人はいましたが、結局はデマが多かったですよね。

予言者は誰なんだ」と気になるところです。

予言者を調べてみると、なんと過去に東北地震や熊本地震を予言していたこともあり、全くのデマというわけではなさそうです。

もし本当に2022年7月4日に南海トラフ地震が来るのならば、「何時に来るの?」と気になりますよね。

そこで、今回は

  • 南海トラフ地震7月4日の予言者は誰?デマの可能性は?
  • 南海トラフ地震7月4日は何時に来る?

ということについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

南海トラフ地震7月4日の予言者は誰?デマの可能性は?

2022年7月4日の南海トラフ地震予言者は2人おり、

  • 2054年からきた未来人「XYH」
  • 2062年からきた未来人

の2人です。

南海トラフ地震7月4日の予言者①2054年からきた未来人「XYH」

XYHさんは2019年6月30日にTwitterで7月4日の地震について予言していました。

残念ながら現在はXYHさんのTwitterアカウントは削除されてしまっていますが、当時の予言内容をまとめると以下のようになります。

  • 南海トラフ地震が2022年7月4日5日に起こる
  • 2043年にTwitterが終了する
  • 2046年に令和が終わり、次の元号は「栄真」になる

とのこと。

この未来人のXYHさんは、過去に東北地震を予言していたとして一時注目を集めていました。

しかし、デマではないかという声も見受けられます。

その理由としては、

  • XYHが「10万リツートいったら7月4日に起こる南海トラフ地震の画像を投稿すると言った
  • 10万リツイート達成で画像が投稿されたが、その後すぐに削除されていた

ということから、デマだったのでは?という声も見受けられました。

南海トラフ地震7月4日予言者②2062年からきた未来人

2062年からきた未来人とされる人は、暗号によって7月4日の南海トラフ地震を予言しています。

その暗号内容とは、以下のようになっています。

DRYQDDPCQR→NIMARUNINI→2022
DVZQUGBYOAC→NANAZEROYON→704
DVZIMN→NANKAI→南海
CIBXSX→TROUGH→トラフ
DRUHKGMHSQ→NIGETEKURE→逃げてくれ

この暗号の解読方法ですが、「エニグマ」と言われる暗号解読方法が用いられています。

エニグマとは、ナチスドイツが利用していたローター式暗号機のことです。

現在はインターネット上でもエニグマのシミュレーターが公開されています。

エニグマによると、暗号内容は「2022 704 南海 トラフ 逃げてくれ」ということになります。

未来人2062さんは、過去に東日本大地震や熊本地震を予言していたことで一躍有名になった方です。

南海トラフ地震のことだけでなく、世界情勢についても予言しており、妙に当たっていると話題です。

しかし、信憑性として気になるのが未来人2062さんは、未来の予言を2ちゃんねるという掲示板で発信していたことです。

2ちゃんねるが怪しいと言っているわけではないですが、未来の予言ならばXYHさんのようにTwitterなどの情報発信方法もあったはずですよね。

未来の予言者がわざわざ、掲示板に登場するのは正直ちょっと信憑生が左右されるかと。

真偽はわかりませんが、過去の地震を当てていることをみると、全くのデマとは言いにくいですよね。

南海トラフ地震は7月4日の何時にくる?

7月4日の南海トラフ地震が何時に来るかは予言されていません。

その理由は未来人2062さんによると、「人口変動に関係することは言及できない」とのこと。

確かに、なんでも予言してしまうと未来が変わりすぎてしまうので、言えないこともあるのでしょうね。

その他の予言者を調べてみても、南海トラフ地震が7月4日の何時に来るという信憑性のある情報は見つけられませんでした。

まとめ

未来から来た予言者が「南海トラフ地震が2022年7月4日に起こる」と予言したことで話題になっています。

話題になっている予言者は「2054年から来た未来人XYH」と「2062年から来た未来人」の2人です。

2人とも過去の地震を予言的中させていたとして、全くのデマではなさそうだと言われています。

南海トラフ地震が7月4日の何時に来るのかということですが、時間は予言されていません。

人口変動に関することは言えないとのこと。

7月4日の南海トラフ地震が本当かどうかは分かりませんが、誤情報であってもこれを機に防災用品をチェックするといいかもしれませんね。

スポンサーリンク
イベント
Akikoをフォローする
Trend Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました