吉野家常務の伊東正明が早稲田大学で炎上発言連発!客離れがヤバイ

エンタメ
スポンサーリンク

吉野家で常務取締役を務める伊東正明さんが、早稲田大学で行った社会人向けの講座が炎上しています。

伊東正明さんが講座内で一体どんな発言をしたのだと気になりますよね。

また、吉野家常務取締役の伊東正明さんの発言によって、SNSでは

「呆れて言葉も出ない」「もう一生吉野家には行かない」

という声が殺到しています。

吉野家は数ヶ月前にもお客様相談室室長の対応が最悪だと話題になって炎上していました。
常務の発言により今回も炎上し、客離れが深刻化しているようです。

そこで、今回は

  • 吉野家の常務取締役の伊東正明の炎上発言は?
  • 吉野家常務の伊東正明の炎上発言で客離れがヤバイ?

ということを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

吉野家常務の伊東正明の炎上発言は?

吉野家で常務取締役を務める伊東正明さんの炎上発言とは「生娘シャブ漬け戦略」と、笑いながら何度も女性を蔑視する発言を連発していました。

その炎上している常務取締役の伊東正明さんがこの方です。

伊東正明さんは吉野家の常務取締役として引き抜かれる前まではP&Gに務めて「アリエール」や「ファブリーズ」などのブランドの再生に貢献してきた凄腕の方です。

2018年に独立してビジネスコンサルタントをし、同時に吉野家の常務取締役としても務めています。

しかし、今回の差別的な発言が炎上。

炎上内容を詳しく見ていくと、

講座は社会人向けの講義で、「デジタル時代の総合マーケティング講座」が早稲田大学で行われました。

伊東正明さんは自身の独自マーケティング戦略を披露しましたが、その戦略名が「生娘シャブ漬け戦略」というもの。

どういうことかと言うと、

  • 田舎から出てきた右も左も分からない若い女の子を無垢な内に牛丼中毒にする
  • 男に高い飯を奢ってもらえるようになると絶対に食べない

という発言が女性を蔑視しているとして、かなりの批判を浴びています。

講義の前には伊東正明さんは「不適切な言い回しで不快な思いをされる方がいたら申し訳ないのですが」と前置きした上で話し始めたそう。
しかし、発言があまりにも酷かったので、「前置きしたら何を言ってもいいのか」という意見も出ています。

確かに、この発言は女性としては見過ごせないですよね。

吉野家は女性客をそんな目で見ていたのかと、かなり残念な気持ちになります。

こんな発言を笑いながら何度も発言してしまう伊東正明さんを常務取締役に置く吉野家さんにも、なんだかがっかりですね。

吉野家常務の伊東正明の炎上発言で客離れがヤバイ

吉野家常務取締役の伊東正明さんの炎上発言によって、客離れがヤバイと話題になっています。

伊東正明さんの発言がSNSでかなり批判を浴びています。

他にも

  • 「もう吉野家は2度と行かない、松屋にする」
  • 「吉野家から不潔感しか感じない、気持ち悪い」
  • 「信用なくなった」

という声が相次いでいます。

吉野家さんは数ヶ月前にも、お客様相談室室長の対応が最悪だと話題になって炎上していました。

詳しくはこちらの記事「吉野家お客様相談室室長加賀山英史は何者?」からどうぞ。

この時も吉野家の評判は下がって「吉野家にはもう行かない」という声もかなり見受けられました。
しかし、この件はあくまでも個人の対応の悪さが問題視されたもの。

今回ばかりは会社の常務取締役が起こした問題なので、吉野家の業績にダイレクトに絡んでくると思われます。

前回に引き続き、今回も問題を引き起こし、吉野家の客離れが加速するようにしか思えません。

まとめ

吉野家常務取締役の伊東正明さんの炎上発言が問題になっています。

その炎上発言とは「生娘をシャブ漬け戦略」という、女性を蔑視した発言。
しかもこのフレーズを笑いながら何度も発言していたと言います。

吉野家は数ヶ月前にもお客様相談室室長の対応が問題視され、評判が下がっていました。

そして今回は常務取締役の発言によって、吉野家の社風が明らかになってしまいました。

今回ばかりは吉野家さんも客離れに頭を悩ませざるを得ないのではないでしょうか。


スポンサーリンク
エンタメ
Akikoをフォローする
Trend Life

コメント

タイトルとURLをコピーしました